ネットオフの本、CD、ゲーム、DVD等買取促進プロモーション

十三木 考『トラップヒロイン』感想レビュー

高校の入学式の朝、千路田耐志は一人の美少女で出会う。
一目惚れした少女の名は「小日向真」男性だ。
そう、美少女と思って一目惚れしたのは同性。
しかもルームメイトとなって二人きりですごすことになる。
お互いに惹かれ合うも、それは本当は女性じゃないかという思いがあったから。
男だとわかる実感をすることで、その思いは揺れる。
好きなのは女の子。でも小日向は男の子。
でも一緒にすごした時間に育くられた好きという気持ちは同性とか異性とか関係ない。
男の娘を確定ずける出来事をきちんと描くところが、他の同様のシチュエーションラブコメにはなかったところで興味をひかれる。
とても先が気になるところで、作者体調不良により4ヶ月以上連載が止まる長期休載中というのが痛い。
未完で終わってしまうかもという不安を除けば、超おすすめの漫画。