おすすめ記事
ネットオフの本、CD、ゲーム、DVD等買取促進プロモーション


2019年9月20日に公開されたばかりのアニメ映画『HELLO WORLD』(ハロー・ワールド)を公開翌日に映画館へ観に行ってきました。

映画館にいたお客さんは1桁


公開後初の休日とあってそれなりに客席は埋まっているだろうと思いました。
お昼13時台の回。250席ほどあるホール内にいたのはざっと数えて9人。
今まで金曜日の夜とか土曜日の朝9時とか極端に早い遅い回によく映画を観てきましたが、1桁しか入っていないのは初体験でした。
ゆったりと観れたのはいいけど、さすがに映画の内容に問題があるのではないかと不安に思ってしまいました。

深夜アニメのようなノリ

アニメ映画といえば、いまだに新海誠監督作品「天気の子」(レビュー記事はこちら)が人気ですが、このハロワ(ハローワークではない!)はいまいちぱっとしないようで、事前評価は高いのだけどどうしてかな?と不思議に思いました。
内容としては、主人公の「堅書直実」(CV:北村匠海)は、自分に自信がなくて決断力のないごく普通の男子高校生。

彼の前に10年後の未来からきた大人になった自分と出会う。
そして、3ヶ月後に付き合い始める、黒髪美少女の「一行瑠璃」(CV:浜辺美波)が落雷によって死んでしまう。

それを阻止するために、過去を変えようという物語。

監督は『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』の伊藤智彦氏。脚本は小説家の野崎まど氏。キャラクターデザインにはアニメ版『らき☆すた』や『けいおん!』を手掛けた堀口悠紀子氏と、制作スタッフは安心感がある感じ。
制作手法で3DCGの利点と2Dアニメに寄せたキャラクター作画を融合させることが試みられているというが、どことなく2Dアニメなのに、3Dアニメ特有の人間ぽくない不自然な動作を感じるシーンが見受けられ違和感を感じた。
音響面では東宝配給の邦画作品で初めてとなる「DOLBY ATMOS」という最新のサラウンド技術が取り入れられている。音響は前後左右、さらに上下にも音が飛び交う技術らしいですが、あいにく足を運んだ映画館では対応していないと思いますが、それでも上下からはないけれど周囲を音が飛び交っている感はあり迫力があった。音量も心なししか大きめで良かった。
「この世界は、ラスト1秒でひっくりかえる」というキャッチコピーにどんな結末なのか期待していましたが、映画的にはラスト1分の間違いじゃないという気がした。話がひっくり返るにはひっくり返りますが、ラスト1分くらいのような気がしたけど、勘違いしているのかな?
ネタバレになりますが、直実が瑠璃を助けるために奔走していたと思いきや、実は瑠璃が直実を助けるために動いていたという結末。
内容的には学園ラブコメ半分、アクション&バトル半分って感じで、深夜アニメのノリが強く感じられる展開。
上映時間98分という短い中に盛り込んだせいか、瑠璃が直実を好きになっていく心理描写があまりないように感じられ、両思いになる過程をもう少し掘り下げてくれた方が良かったかな?場の雰囲気の勢いで付き合った感があるけど、高校生の恋愛だから逆にそっちの方がリアルなのかもしれないので、どっちが正解ともいえないのだけれども。
口コミとかみていると難しく考えている意見がちらほら見受けられますが、考え込まなければさらっと見れるアニメ映画なんじゃないかな。原作小説を読むともっと深く心理描写が書かれているのかもしれないけれど、ひとまず私は漫画化されているコミックスを買っておさらいしようかと思っています。
瑠璃や勘解由小路三鈴(CV:福原遥)も可愛かったし、後を引くような感じもなくスッキリとみれて良いアニメ作品で、もっと人気がでて評価されても良いのではと思いました。

今後のアニメ映画にも期待

映画館でもらったリーフレット。

個人的にみたいアニメ映画が多い。
「冴えない彼女の育てかた fine」(10月26日公開)


「空の青さを知る人よ」(10月11日公開)

「劇場版 ハイスクール・フリート」

「Fate/stay night [Heaven's Feel] III.spring song」

「劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン」

「シン・エヴァンゲリオン劇場版:||」

「フラグタイム」

「劇場版 SHIROBAKO」